30年間一括借上げシステムの罠①

不動産投資失敗の原因として、「30年間一括借り上げ」と言う
一見、魅力的に聞こえるシステムがあります。

空室」と言う最大の不動産投資リスクに頭を悩ませることなく
安定した家賃収入を30年間も得ることができる魔法のシステムだと
勘違いしてしまう人が多くいます。
細かい契約内容を理解していればこの落とし穴に嵌らないのですが
殆どの契約書は細かい文字で素人には非常に解りにくい言葉が
使用されています。
ついつい営業マンの説明する「30年間の家賃保障」と言う
甘いメリット部分だけに惹かれてしまいがちです。

まず、このシステムが出来たのは10数年前で
30年の保障期間を無事に経過した大家さんはいません。
保障してる会社自体が30年後も存続しているのかさえ解りません。

法的には、借地借家法により借り上げる企業が借家人となり保護されます。
借家人からの契約解除や家賃値下げ交渉は、いつでも可能なのです。
そして、この「30年間家賃保障」には企業が有利になるような
かなり複雑で多くの条件がついています。

まずは契約内容を弁護士や司法書士などの
専門家に相談されてみるのが安全です。