空室リスクとは

不動産投資のリスクの中で最も多いのが空室リスクです。
空室リスクとは、アパートが空いて
入居者から家賃が入らない状態を言います。
アパート・マンション経営を始めてから
アパートローンの返済が終わるまで
ずっと満室という状態は不可能です。

常に空室になるリスクを考えておく必要があります。
アパート・マンション経営は、需要と供給で
物件の家賃や入居率は変わってきます。

特に地方では供給過剰の状態になっており空室率はかなり上がります。
賃貸経営を成功させ、不動産投資失敗を避けるためには
空室リスクを避けすぐに空室を埋めることが重要です。

最近では、空室対策セミナーなども開催されています。
それほど、深刻な問題となっているのです。

空室率を下げるためには様々な方法がありますが
不動産物件を購入する際に立地や地域の環境などを
しっかりとチェックし供給のある不動産物件を購入・建設するのが
最初の空室対策となります。

その後は、入居募集の方法や建物の管理など
細かい空室対策のポイントがありますので
それぞれ記事として書いていきます。