不動産投資のデメリットを理解する

不動産市況が悪化して不動産価格がかなり下落したことから
サラリーマンの副業や投資の対象として
アパート経営マンション経営などの「不動産投資」が
雑誌などで注目を集めているようですが
他の投資と同じように、簡単に儲かるほど
甘いものではありません。

むしろ、大家業は供給過多の状態で空室対策
頭を悩ませているのが実情です。

各地で開催されている空室対策セミナーには
空室を抱えて悩む大家さん達でどこでも満員です。
不動産投資の失敗を避けるためには
不動産投資のデメリット」も
しっかりと把握しておくことが重要です。

自分の利益の為に安易にメリットばかりを強調して
不動産投資を勧めてくる情報には注意が必要です。

不動産投資のデメリットとは?

●流動性(換金性)の低さ

不動産は売りたくてもすぐには売れません。
売り急ぎすれば価格は安くなります。 

●空室や家賃下落・家賃滞納の発生

現在は地域によっては供給過剰の場合が多く
退去者があった後にもすぐに入居がない時や
近くに新しい物件などが建った場合など
家賃を下げなくてはならないなどで収益が落ちます。 
また入居者が入っていたとしても滞納のリスクがあります。

●金利の上昇

現在は、低金利で不動産投資をするには
良い環境にあります。
しかし、不動産投資は長期投資ですので
金利が上昇した場合の返済計画をしっかりと
立てておかなくては返済不能となります。

●建物老朽化

建物の老朽化は避けられないので、修繕費を考慮して
積み立てなどの計画を立てておくべきです。
修繕や補修を怠ると、空室が増える原因となります。

●地価の下落

地価が下落すれば、担保価値も下がってしまいますので
建て替えの時などに 不利になるリスクがあります。
売却益を狙う場合にも大きなリスクと言えます。